2020年度をふりかえって

ほんとうにありがとうございました!!!

Pocket

4月1日になりました。
昨日3月31日、えがおも2020年度最後の日でした。
2020年度はコロナ感染拡大と拡大防止策で、人々の暮らしが大きく変化しました。わたしたちも、2019年度とはまったく異なる事態に右往左往、毎日届くSOSに応えられるだけの食料がありませんでした。それこそ緊急事態でした。

市民のみなさまに食品寄贈を呼びかけるフードドライブの実施も困難な状況になりましたが、事務所に食品を持ってきてくださる方、毎月宅配で送ってくださる方、企業・団体の
みなさまからの大量のご寄付、フードドライブやえがおボックスでのご協力、そしてインターネットを通じて北は北海道から南は九州まで、直接お会いしたことのないたくさんの方々から、ほんとうに多くの食品を寄贈していただきました。
 こころより感謝申し上げます。

 この1年間に扱った食品の入出庫量や支援状況を数字とグラフでまとめました。下の画像をクリックすると全内容がご覧になれます。食品の扱い量は、2019年度と比べて約2.3倍、支援世帯数は約3.5倍、支援回数は約2.5倍となっています。この資料は、「えがお通信&資料」の項に置いています。

 

 2021年度がスタートしましたが、新型コロナウイルス感染がおさまったわけではありません。まだしばらくは、この困難が続くものと思われます。経済的に困っておられる方々を、食の面から少しでも支援できるよう、活動を続けてまいります。今後とも変わらぬご支援ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

2/26(金),27(土)
『八王子コロナ困りごと相談会』あります!

Pocket

仕事・生活・住まいなど、このコロナ禍でお困りの方々に
八王子駅・京王八王子駅近くの船森公園とアミダステーションで相談会が開催されます。会場には弁護士さんがいます。ひとりで悩まずどうぞご相談ください。
26日、27日の2日間、お電話・メールでも相談を受け付けます。
相談にお越しいただいた方で、食料にお困りの方には食品の配布もあります。
八王子にお住まいでなくてもかまいません。どうぞ会場におこしください。

お近くにお困りの方がありましたら、どうぞこの情報をお知らせください。
チラシのダウンロードは⇒ チラシPDF

※この相談会に先立ち、2月19日(金)10時~16時にアミダステーションにて、フードドライブを実施します。常温保存可能で賞味期限1ケ月以上あり、未開封の食品がありましたら、ご協力よろしくお願いします。
 またカンパも募集しています。カンパ先はチラシでご確認を!!!

1/27(日)学習会のご案内

Pocket


 直近になりましたが、コープみらい地域クラブ「えがおのおすそわけ」主催の学習会のお知らせです。
 「えがおのおすそわけ」は、コープみらいの店舗でフードドライブを開催し、集まった食品をえがおに寄贈してくださっている協力団体です。

 日頃フードドライブに協力してくださっている方から
「統計によると、日本の子どもの貧困率は13.9%で、7人に1人の子どもが貧困状態だそうですが、本当にそんなに困っているの?見えてこない。実態を知りたい」と言われます。そこで八王子市内の貧困の実態や、支援活動の実際について、一緒に学びあう機会を設けることにしました。
 予約不要、入場無料です。当日直接会場にお越しください。
お待ちしています。

 

 

 

NHKスペシャル「見えない貧困」

Pocket



昨夜NHK総合TVで午後9:00からNHKスペシャル「見えない貧困」 の放送がありました。

ご覧になった方も多いかと思います。大阪や東京の自治体で行われた大規模調査の結果をもとに現代の「相対的貧困」の実態をルポしたものです。特に子どもへの取材・インタビューを丹念に行い、子どもたちが貧困によって剥奪されているものを示す「剥奪指数」という指数の観点は、新しい切り口で、とてもわかりやすいものでした。「家族旅行に行ったことがない」「誕生日やクリスマスを祝えない」「新しい服を買えない」「修学旅行や学校行事に参加できない」「海水浴に行ったことがない」「スポーツクラブや習い事に行けない」「塾に通えない」「本を買ってもらったことがない」などなど、子どもらしい体験が奪われていること、それらの合計数で「剥奪指数」というものを提示していました。
高校生のアルバイトが、子どもたちの遊びや習い事などのためでなく、家計の補填になっており、子どもが家計の支え手になっている現状では、大学進学がとても困難になっている子どもたちがますます増えていくでしょう。
番組の中で大田区の石川副参事の言葉「もはや自助努力の限界」にふかく同意します。地域社会の助け合いももちろん必要ですが、それ以上に国の大胆な施策が必要とされています。この見えない貧困をこのまま放置することによる社会的損失は42兆円以上と計算していましたが、この状態がずっと継続して行けば、その程度の損失ではとてもすまないことになるでしょう。
髙橋みなみさんの、制服が買えなくてリサイクルやで、サイズが合わない制服を購入したこと、ネームの刺繡が別人の苗字なので、それを見られないように気を付けていたこと、早くお金を稼ぎたいと思っていたことなど、経験者の本音の言葉も胸を打ちます。

再放送は 2月15日(水) 0:40~1:29 (14日深夜)です。ぜひご覧になってください。