特定非営利活動法人フードバンク八王子えがお

フードバンク八王子えがおは、「食で支えよう ひと 地域 未来」をモットーに、食のセーフティネットをめざして、誰もが対等の立場で暮らしあえる地域づくりの一端を担うことができればと願っています。

【活動を継続していくためのご支援・ご協力をお願いします!】
このコロナ禍で 仕事や住居を失うなど、困難を抱える方が増えており、わたしたちフードバンクへのSOSも増大しています。
フードバンクは、その活動自体は利益を生み出すことはできません。会員の皆様の会費や皆さまからのご寄付でまかなわれています。なにとぞご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 会員申込み、ご寄付の振込先などの詳細は、下記ピンクボタンからどうぞ
※ クレジットカードでのご入金も可能になりました!(2020/6/5)


Amazonえがお希望食品リストでのご寄付&宅配や持ち込みでの食品ご寄付ありがとうございます♬*

 今年度はコロナ禍の影響で昨年の3倍のSOSがありましたが、皆さまから寄贈していただいた品物のおかげで、なんとかお渡しすることができました。ありがとうございました。 


フードバンク八王子えがおは、八王子市と支援提携協定を結んでいます

2016年12月13日に、市役所と支援提携協定を締結しました。市民・企業の皆さまから提供された食品は、市役所の窓口(生活自立支援課)に相談に来られた方々のお手元にも渡っています。

「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」で

 

 

 

 

 

 




 

毎月第3月曜日からの1週間、フードドライブを実施してくださっているダイエーでは、イオングループ全体として「幸せの黄色いレシートキャンペーン」に取り組み、毎月11日の「イオン・デー」にお客さまがBOXに投函してくださったレシートの金額の1%分の品物を、地域のボランティア団体に寄贈してくださっています。4月30日、えがおは「イオンフードスタイル八王子店」から、画像のライトツナ3缶セットを段ボール8箱分いただきました。
 これは、地域のボランティア団体応援の企画を続けてくださるイオングループ様、ダイエー様、ならびに黄色いレシートを投函して協力してくださったお客さまのおかげです。ほんとうにありがとうございました。団体としても希望する品物をまとまった数量いただけるので、大変助かっています。
 コロナ禍で困っている方々がますます増えており、ほっとする暇もありません。それでも今月は、ひとり親世帯に臨時給付金の支給が予定されており、少しは安心できるのではないかと思います。ひとり親以外で基準所得以下の子育て世帯への給付はもう少し先になるようですが、こちらも早く支給されるといいですね。

えがおボックス協力団体ご紹介

「南陽台自治会」

 八王子市南陽台にある南陽台自治会館、ここにも「えがおボックス」があります。
 えがおに見学に来られた高校生のお母さまが、えがおの活動に関心を持たれ、また共鳴してくださり、お住まいの自治会へと繋いでくださいました。自治会役員のみなさまも大変協力的で、昨年の12月に自治会館に「えがおボックス」設置の運びとなりました。
 先日、えがおボックスに寄贈された食品を受取りにうかがいました。写真のとおり、ボックスからはみ出すほどたくさんの食品をありがとうございました。このコロナ禍のなか、生活に困る方、食に窮している方が増えています。自治会のみなさまからいただいた食品を、困っている方々にお届けいたします。

 町会や自治会のご協力をいただいて「支えあいの地域づくり」をすすめていくことができます。
 市内では、川口町東部町会と南陽台自治会に「えがおボックス」を置かせていただいています。このような活動にご協力いただける町会、自治会がございましたら、えがおまでご連絡ください。お待ちしています。
 寄贈食品を集める活動は、町会や自治会だけでなく、いろいろな集まり、場所で取組み可能です。一度ご検討いただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

5/3,5/5 聖イグナチオ教会にて

「ゴールデンウィーク大人食堂」開催です

「ゴールデンウィーク大人食堂」

反貧困ネットワークや聖イグナチオ教会福祉関連グループ、つくろい東京ファンド・ビッグイシュー基金・コロナ被害相談村実行委員会などが協力し、「ゴールデンウィーク大人食堂」が聖イグナチオ教会で開催されます。
 予約不要、相談スタッフもいます、困ったことがあったら相談を!
収入が減って生活が苦しい、住処を失いそうだ、などなど無料で相談もできます。無料食品配布もあります。※お弁当は数に限りがあります。
 
【聖イグナチオ教会へのアクセス】
・東京都千代田区麹町6-5-1
・JR中央線(麹町出口)/東京メトロ 丸の内線・南北線(赤坂出口) 四ツ谷駅下車(徒歩1分 上智大学手前)
https://www.ignatius.gr.jp/info/access.html
※お問い合わせは反貧困ネットワークへ。聖イグナチオ教会様へのお問い合わせはお止めください。

単身の方向け緊急食品配布、終了しました♫

先週告知していました「単身の方向け緊急食品配布」無事終了しました!!!


画像は配布した食品の一部です。お米2kgをはじめとして種類にして20品目以上になりました。
このほかに、玉ねぎやバナナ、缶コーヒーやドリップコーヒー、缶詰、非常食用缶入りパンなどなどお渡しすることができました。バナナは、当日セカンドハーベストのスタッフの方が提供してくださったものです。ありがとうございました♫
 中央に見える「伊万里牛竜門カレー」は佐賀県の(株)セブン・フォース様から提供していただいたものです。大きな伊万里牛肉がゴロゴロ入っています。遠く離れた地から応援していただき、スタッフ一同大変励みになります。
 また全国フードバンク推進協議会を通じて、多くの企業様からも、たくさんの食品を寄贈していただいており、みなさまに配布することができました。
 そして八王子市内はもちろんのこと、全国各地から多くのみなさまから提供していただいた品物もお渡ししました。いつも暖かいご声援、まことにありがとうございます。
 このコロナ禍で単身の方々からのSOSが増えていることから企画したこの緊急配布ですが、過去にえがおにコンタクトをとられた単身のみなさまにも電話やメールでお知らせをしました。しかし半数以上の方には、連絡が取れませんでした。スマホ料金滞納や転居などの事情があるのかもしれません。連絡がつかないということも、今の時代の厳しさを示していると言えるでしょう。
 用意した食品とほぼ同じものを、市内の2大学の学生さん向けに提供の予定です。

 食品を提供していただいた企業様(順不同)
 ・(株)セブン・フォース
 ・(株)大気社
 ・(株)天塩
 ・(株)JALUX
 ・明治ホールディングス(株)

そして、スーパーアルプス様、ダイエー様、東都生協様実施の「フードドライブ」や、企業や団体に設置していただいている「えがおボックス」にご協力いただいているみなさま、Amazonえがお希望食品リストでの提供をはじめとして、事務所に宅配や持ち込みで寄贈してくださる多くのみなさまに感謝申し上げます。
 3度めの緊急事態宣言発出となりましたが、みなさまおからだに気をつけてお過ごしください。

単身の方向け緊急食品配布申込み受付中♬

しめきりを4/22(木)まで延長します!!!

 4月25日(日)実施予定の「単身の方向け緊急食品配布」、本日18日がしめきりでしたが、予定数の50に達しないため、22日(木)まで延長いたします。
 2020年度になんらかのかたちで、えがおと接点のあった単身の方にも呼びかけましたが、半数ぐらいの方と電話連絡とれず、です。これが料金滞納などで連絡不能になっているのでないことを祈るばかりですが。。。
 夏冬などに子育て世帯への応援として食品配布をしてきて、そちらは定着してだいぶ知られてきていると思いますが、今回は初めての試み、そして情報の拡散手段がほとんどありません。
 この食品配布の対象は「単身でお困りの方」という一点だけで、年齢や性別、国籍など問いません。昨年度、単身の方のSOSが急増したことから企画したものです。まわりに生活するのに困難を抱えている単身の方がいらしたら、この情報をご紹介ください。代理申し込み、代理受取りも可能です。
 お申込みお待ちしています。  お申込みはこちら⇒ 申込みフォーム