特定非営利活動法人フードバンク八王子えがお

フードバンク八王子えがおは、「食で支えよう ひと 地域 未来」をモットーに、食のセーフティネットをめざして、誰もが対等の立場で暮らしあえる地域づくりの一端を担うことができればと願っています。

【活動を継続していくためのご支援・ご協力をお願いします!】
このコロナ禍で 仕事や住居を失うなど、困難を抱える方が増えており、わたしたちフードバンクへのSOSも増大しています。
フードバンクは、その活動自体は利益を生み出すことはできません。会員の皆様の会費や皆さまからのご寄付でまかなわれています。

★この度、活動の拡大に伴い、より広い倉庫を求めて動き始めました。スペー スの確保&改修工事に多額の費用が必要なため、スタッフ一同資金の確保に奔走しています。日頃よりさまざまなご協力をいただいている上に、さらなるお願いで大変心苦しいのですが、なにとぞご支援よろしくお願い申し上げます。
 会員申込み、ご寄付の振込先などの詳細は、下記ピンクボタンからどうぞ
※ クレジットカードでのご入金も可能になりました!(2020/6/5)



Amazonえがお希望食品リストでのご寄付&宅配や持ち込みでの食品ご寄付ありがとうございます♬*

 5月は通常の2倍以上の食品支援の申込みがありましたが、皆さまから寄贈していただいた品物のおかげで、なんとかお渡しすることができました。ありがとうございました。 


フードバンク八王子えがおは、八王子市と支援提携協定を取り交わしています

2016年12月13日に、市役所と支援提携協定を取り交わしました。市民・企業の皆さまから提供された食品は、市役所の窓口(生活自立支援課)に相談に来られた方々のお手元にも渡っています。

 

8月になりました

ようやく梅雨があけましたね。
この長い梅雨のあいだに、九州や東北など各地で豪雨がありました。被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。はやく復旧がすすみ平穏な生活を取り戻されますようお祈りします。
本日は、食品支援している世帯への箱づめ作業です。郵送、ボランティアスタッフによる配達、事務所でのお渡し、と約50世帯へ、お米、缶詰、レトルト食品や飲料、お菓子などお渡ししています。えがおに繋がっている世帯の8割がひとり親世帯、1割が単身世帯です。
本日は卒論研究のためにえがおに来てくださった大学生のKさんにもお手伝いいただきました。暑いなか作業を手伝っていただきありがとうございました。

特別定額給付金が振り込まれたためか、新規の支援申し込み数は、4月、5月の時よりも減少しています。しかし、企業による事業縮小や閉店、廃業などにより仕事を失う方は、今後ますます増えていくのではないかと予想されます。
フードバンクで食品をお渡ししても、それは食の全部を補うものではありません。また、ずっと支え続けることができるものでもなく、根本的な解決にはなりえません。
本当に困窮したときには、行政で実施しているサポートで利用できるものはないか、相談にのってもらえることはないか、どうか窓口へ足を運んでみてください。

「幸せの黄色いレシート」で食品を寄贈していただきました♬ありがとうございました♪イオンフードスタイル八王子店

 毎月11日の「イオン・デー」に、実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXに投函していただくことで、レシート合計の1%分の品物がイオンが各団体に寄贈する取り組みです。
 えがおも、この取り組みの対象団体にしていただき、このたび「イオンフードスタイル八王子店」様より、たくさんの食品を寄贈していただきました。このキャンペーンに協力してくださったお客さま、お店のスタッフのみなさまにこころより感謝申し上げます。

 今回の食品は、現在取り組んでいる「えがお夏の子ども応援プロジェクト2020」に活用させていただきます。まことにありがとうございました。

 今月は、20日(月)からの1週間が、恒例のダイエーのフードドライブ週間です。ご家庭におすそわけできる食品がありましたら、どうかご寄付をお願いいたします。 

「えがお夏の子ども応援プロジェクト2020」

 7月16日(木)締め切りました

※ お申込みの際、住所や理由の記載漏れがないかどうか確認の上、送信してください。就学援助、児童扶養手当を受けていない場合は、具体的に希望理由を記入してください。
※ gmailを受け付けない設定になっているメールアドレス(特にキャリア携帯)の方があります。お申し込み後、必ず返信メールが届くようになっています。返信メールが届いていない場合は、別のメールアドレスでお申込みいただくか、メール受信設定の変更をしてください。

7月1日にご案内した「えがお夏の子ども応援プロジェクト2020」の応募期間は、7月16日(木)までです。就学援助、児童扶養手当を受けていなくてもお困りの事情を記入していただければ、ご応募できます。

今回お申込みできる世帯
 八王子市内にお住まいで
 ・ お子さんが高校生のみの場合は、児童扶養手当を受給しているご家庭
 ・ 中学生以下のお子さんがいる場合 就学援助を受けているご家庭
            (児童扶養手当あってもなくても可)
 ・ それ以外でも特別の事情がある場合は希望理由を具体的に記入して応募できます
  生活保護を受けていても申し込みできます
 ・ 今まで食品配布プロジェクトを一度も受けたことがない世帯が最優先です
 ・ 同時期の、別団体(子ども食堂含む)主催の食品配布を受ける場合はご遠慮ください

 お申し込み期間:7月1日(水)~7月16日(木)23:59まで
 食品発送時期:8月下旬~9月初旬
お申込みは下記のリンクをクリック、またはQRコードで 
 https://www.fb8egao.com/kodomo-form/ 

 

おおぜいの皆さまに支えられて


先週は国際ロータリー第2750地区様より たくさんの食品を寄贈いただきました。心より感謝申し上げます。
 倉庫に入りきらず、食品の一部はスタッフが預かり、この写真には映っていません。どれもすぐに役立つ食品で、コロナ禍でお困りの方々に喜ばれることと思います。

 フードドライブが実施できない現在は、事務所に持参してくださったり、送ってくださったり、えがおのアマゾン希望食品リストからギフトを送ってくださったり、そのような多くの皆さまの応援で活動が継続できています。
  7日も、いっぱい食品が届きました。何回も食品を寄贈してくださる方もおおぜいいらっしゃいます。食品を置いてお名前も告げられずに去って行かれる方もいらっしゃいます。ほんとうにありがたいです。
 アマゾンの希望食品リストに載っていたのと同じ種類のものを近くのお店でさがして購入して来てくださる場合もあり、アマゾンのリストをちょくちょくチェックしてくださっていることにも感謝です。「夏の子ども応援プロジェクト」に栄養というより、楽しみとして加えたい品物をアマゾンのリストのコメントに書きましたら、さっそく持ってきてくださいました。

 食品を準備する日程にあわせて、毎回野菜や果物を寄付してくださる方もいらっしゃいます。これも生産品でなく購入しての寄贈です。
 現在のえがおの倉庫にある食品は、95%が購入して寄贈してくださったものです。食品ロス削減からは、ほど遠い状況で活動を続けています。