特定非営利活動法人フードバンク八王子えがお

フードバンク八王子えがおは、「食で支えよう ひと 地域 未来」をモットーに、食のセーフティネットをめざして、誰もが対等の立場で暮らしあえる地域づくりの一端を担うことができればと願っています。

【活動を継続していくためのご支援・ご協力をお願いします!】
このコロナ禍で 仕事や住居を失うなど、困難を抱える方が増えており、わたしたちフードバンクへのSOSも増大しています。
フードバンクは、その活動自体は利益を生み出すことはできません。会員の皆様の会費や皆さまからのご寄付でまかなわれています。なにとぞご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 会員申込み、ご寄付の振込先などの詳細は、下記ピンクボタンからどうぞ
※ クレジットカードでのご入金も可能になりました!(2020/6/5)


Amazonえがお希望食品リストでのご寄付&宅配や持ち込みでの食品ご寄付ありがとうございます♬*

 今年度はコロナ禍の影響で昨年の3倍のSOSがありましたが、皆さまから寄贈していただいた品物のおかげで、なんとかお渡しすることができました。ありがとうございました。 


フードバンク八王子えがおから、八王子市市役所相談窓口へ食品を提供しています。

市民・企業の皆さまから提供された食品は、市役所の窓口(生活自立支援課)に相談に来られた方々のお手元にも渡っています。

「ローランズ・ハッピーバースデイプログラム」

申込み受け付け開始します♬

 夏休みになりましたね。コロナがなかなかおさまらず、また例年以上に気温の高い猛暑となっています。お元気でお過ごしでしょうか。
 さて昨年の8月から今年7月までのあいだ、(株)ローランズ様とオーエム通商(株)様のご支援で、お子さまたちの誕生日にお花とケーキを届ける「ローランズ・ハッピーバースデイプログラム」を実施し、1年間で214人のお子さまに、バースデイギフトをお届けしました。
(株)ローランズ様ならびにオーエム通商(株)様には、心より御礼申し上げます。

そして今年も、この「ハッピーバースデイプログラム」を実施してくださることになりました。今回は、八王子市内にお住まいのひとり親世帯もしくはそれに準ずる世帯で、中学生以下のお子さまを対象に実施したいと思います。
申込期間:8月9日(火)~8月21日(日)
結果通知:9月初旬
実施時期:10月より翌年9月までの1年間

※昨年のプロジェクトに申し込まれた方も応募できますが、初めて申し込まれる方が優先となります。

下記QRコードからお申込みください。
今回は、市のひとり親家庭向けメールマガジン「はちエール」には告知していません。
このHPおよび、えがおのFacebook、Twitterだけの告知となります。
申込みフォーム QRコード
  
https://www.fb8egao.com/kodomo-form

 

 

ギフトを受け取った方々から、お礼のメッセージや画像をたくさん送っていたきました。
そのなかから一部をご紹介します。
    

★先日は娘の誕生日に際し、お花とケーキを送ってくださり、有難うございます。
娘は花がとても好きな子であり、初めて花をプレゼントとしてもらい、とても喜んでいました。
今回、(株)ローランズ様を初めて知り、障がい者等支援をしていらっしゃる企業であることを
知りました。ちょうど今パラリンピックもやっており、障がいについて子ども自身も身近に感じているところであったので、(株)ローランズ様のことも少し話をしてみました。
お花が到着して4日目になりますが、娘は毎日水を変えて大切にしております。
今回、このような企画をしてくださり、娘にとって嬉しい思い出が増え、親としてもとても嬉しく、感謝をしております。本当に、どうも有難うございました。
★とても綺麗なお花とケーキ大変感謝してます!
コロナで収入も減り誕生日だと言うのに大したこともしてあげられず、
お花をみて子供も笑顔になりました!
★家族以外からのプレゼント、本人もだと思いますが、
色んな人から祝ってもらえている感じがして、
親である私たちもとてもあたたかい気持ちになれました。
素敵なプロジェクトを考えて実行していただき、本当にありがとうございました。
★昨日すっかり忘れてたころに届きビックリと、
驚きと喜びで笑顔で息子も喜んでくれました!
キレーだね。可愛いね。とお花を見てはつぶやいてました☆

       

 



 たくさんのご寄付をありがとうございました♬

 毎日暑い日が続いています。またコロナ感染拡大もなかなかおさまる気配がありません。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 えがおは感染予防に心がけ、少ないスタッフで活動しています。
火曜には、中央軌道工業さまより、防災備蓄品のご寄付を賜りました。中央軌道工業様の本社は八王子市にあり、そのご縁もあって寄贈してくださいました。今回は目黒の事務所の備蓄品を、わざわざ運んできてくださいました。アルファ米やラーメン、レトルトのハンバーグやカレーなどをご提供いただきました。まことにありがとうございました。
 えがおでは、このような防災備蓄品入れ替え時の食品についても、引き受けしております。
すこしだけ早めに入れ替えていただくと、必要な方々にお渡しすることができます。
賞味期限まで6ケ月以上余裕があると、マッチングがスムーズになり大変助かります。
企業のみなさま、一度ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 また生活協同組合コープみらい様からたくさんの食品をいただきました。
この食品は、企業の労働組合がフードドライブを実施して集めてくださったものだそうです。ラーメンやお菓子、レトルト食品など、すぐに役立つ食品がいっぱいでした。
まことにありがとうございました。大切に活用し、必要な方々にお渡しいたします。

「えがお夏の子ども応援プロジェクト2022」

発送しました♬

お待たせしました!!!
6月初めに募集して2カ月近く。7月22日(金)と24日(日)の2日間で箱詰めと発送作業を終えました。きっと今日はみなさまのお手元に届いていることと思います。
えがおのプロジェクトが募集から発送まで、期間があいてしまうのは、このプロジェクトをサポートしてくださっている自然派くらぶ生協様、東都生協様の通常の注文と同じやり方で食品をあつめているからです。それら生協で注文した品物と、このプロジェクトのために個人や企業・団体の皆さまが寄贈してくださった食品を合わせてお送りしています。       ご協力先一覧はこちら
 カードは毎回N様の手作り、とてもすてきなカードです。今回は、おもては紺地にヒマワリ、さてカードを開けると何が出てくるか!お楽しみ♪

 



 毎年、この作業にはボランティアの皆様をお願いするのですが、今回はコロナの急拡大もあり、原則スタッフだけでの作業となりました。
 冬のプロジェクトのときには、ボランティアをお願いできるように、コロナが収まっていることを願います。

地域のみなさまに支えられています

 7月19日、本日は東京八王子西ロータリークラブさまより、お米5㎏×12袋、計60㎏を頂戴しました。これは、市内3フードバンクに4回にわたってお米を寄贈してくださるとのこと、その第1回でした。東京八王子西ロータリークラブのみなさま、まことにありがとうございました。
必要な方々に、確実にお届けします。


 えがおでは、通常の支援を月1回、第3日曜日におこなっています。
宅配で送る、ボランティアが配達する、事務所に取りに来てもらう、の3とおりでお渡ししています。
先週の金曜日は、大楽寺町にある就労移行支援事業所「エシカルベジタブルズ八王子(エシベジ)」さまから、カラフルな人参をたくさんいただきました。「エシカルベジタブルズ八王子」さまは、障害や病気などをお持ちの方々に農業のスキルを活用して、ひとりひとりの特性にあわせた支援をおこなっている事業所です。

 ふだんは、あまり野菜をお受けしていませんが、支援日直前の持ち込みなら、痛みも少なく、必要な方にお渡しできます。通常の支援も、事務所に取りに来る方々には、このように寄付していただいた野菜をお渡しすることができます。橙色だけでなく、うすい黄色のにんじんもあり、大きいのも小さいのも、かたちのおもしろいものもありますね。17日(日)には、取りに来られた方々にお渡ししました。
 そして毎月食品や日用雑貨を寄付してくださるTさま、今月も持ってきてくださいました。
8月9月は、郷里北陸の有名なお祭りに関わるため、帰省されるとのことで、しばらくお会いできません。ふるさとの空気とお祭り、楽しんできてくださいね。
  
 地域のいろいろな方々とつながりができて、支えていただいていること、ほんとうにありがたく思います。これからもよろしくお願いします。

(※ 野菜のご寄付は、第3日曜日の直前に限らせていただいています。なにとぞご了承ください。)

コロナ感染拡大中

コロナに感染して自宅療養している方へ

ここのところコロナ感染者が激増していて、第7波の到来と言われています。
みなさま、じゅうぶん気をつけてくださいね。

というわけで、2月の記事を再掲します。

コロナに感染して自宅療養している方へ

東京は「自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)
電話:0120-670-440)に連絡すれば、食品を送ってくれます。

1人あたり段ボール2箱と、かなりたくさんの食品が届くので、療養期間中に使いきれないかもしれませんが、回復した後でも使えるものですので、どうぞご家庭でご利用ください。