「えがお冬の子ども応援プロジェクト2023」

募集開始します♬

Pocket

 「子どもの貧困」の学びから出発したフードバンク八王子えがお、毎年夏と冬に子ども応援としてプロジェクトを企画実施しています。今冬も「えがお冬の子ども応援プロジェクト2023」、11月1日に募集開始します。ここのところの物価高騰で、みなさま頭を悩ましておられることと思います。
 今回は予定数を150として、応援が必要な子育て世帯に宅配便で食品をお送りします。費用はかかりません。応募多数の場合は最終日前に締め切ることがあります。
 詳細は
掲載のチラシをご覧ください。八王子にお住まいで中学生以下のお子さんがいて児童扶養手当か就学援助を受けている世帯、高校生がいて児童扶養手当を受けているひとり親世帯が優先ですが、児童扶養手当や就学援助を受けていなくても、希望理由を具体的に記入していただけば、ご応募できます。
  申込みフォームからの応募が難しい方は、郵送でのお申込みも受け付けていますので、「えがお冬の子ども応援プロジェクト2023申込書」を印刷して必要事項を記入し、お申込みください。郵送の場合は、11月7日(火)必着です。




申込みフォーム https://www.fb8egao.com/kodomo-form/

       

 

たくさんの食品をありがとうございました♪

Pocket

秋はいつもご支援いただいているいろいろな団体でフードドライブを実施してくださいました。先にご報告しましたJR東日本様をはじめ、9月には自然派くらぶ生協様、10月に東都生協様、そして立正佼成会様よりたくさんの食品をいただきました。各団体の担当のみなさま、そして食品を提供してくださった組合員や会員のみなさま、まことにありがとうございました。生活にお困りの方々にお渡しするほか、施設や子ども食堂、無料学習塾などにもお配りしています。
  


 11月には川口のやまゆり館まつりでのフードドライブも予定されています。
また、常設のアルプス、ダイエー店舗やえがおボックス設置店舗などでも寄贈食品を受け付けています。常温保存、未開封で賞味期限が2ケ月以上あるもので、おすそわけできる食品がありましたらご寄付お願いします。現在、お米はじゅうぶんな量あるのですが、おかずになるような品物が圧倒的に不足しています。ツナ缶やレトルトカレー、また即席ラーメンやカップ麺、お菓子など大歓迎です。

JR東日本、八王子駅、みなみ野駅で

フードドライブ実施♬10/6(金)7(土)8(日)

Pocket

JR東日本では、食品ロス削減月間の10月に、フードドライブを実施します。
八王子地区では、昨年の10月八王子駅で実施し、多くの市民のみなさまにご協力いただきました。今年は八王子駅とみなみ野駅の2ヶ所でおこないます。昨年は53組のお客様から段ボール12箱分のご寄付をいただきました。
この取り組みには、JR東日本ステーションサービス、八王子市資源循環部ごみ減量対策課、フードバンク八王子、フードバンク八王子えがおも協力しています。
 ご家庭におすそわけできる食品がありましたら、ご提供よろしくお願いします。
 開催日時は、10月6日(金)16:00~20:00
       10月7日(土)10:30~15:00
       10月8日(日)10:30~15:00
  八王子駅みどりの窓口横「つながルーム」、八王子みなみ野駅券売機横スペースで受付けます。


「えがお夏の子ども応援プロジェクト2023」150世帯へ発送しました

Pocket

6月に募集した「えがお夏の子ども応援プロジェクト2023」、7月21日(金)と23日(日)の2日間で、全150世帯に食品をお送りしました。23日(日)には、ボランティアの方々にもお手伝いいただき、100世帯分の箱詰めが2時間足らずで終了しました。暑い中お手伝いありがとうございました。
 「えがお子ども応援プロジェクト」は、自然派くらぶ生協、(有)生活舎、東都生協の組合員のみなさま、利用者のみなさまのご支援で良質な食品を購入し、プロジェクトに活用させていただいています。このご支援のおかげで毎年プロジェクトを実施することができています。心より感謝申し上げます。
 購入した食品に加え、さらに多くの企業、団体のみなさま、個人のみなさまから寄贈いただいた食品を入れさせていただいています。今回のプロジェクトには、明治ホールディングス(株)様、生活協同組合コープみらい様、うなぎ志乃ざき様、(株)ローランズ様、(社)フードバンク八王子様から食品をいただきました。また個人の方からも、お菓子や焼海苔などまとまった数の寄贈があり、このプロジェクトに使わせていただきました。ほんとうにありがとうございました。

 
  
今回は、レシピや市内の無料学習塾の案内など、役立つ情報のお知らせも入れています。 
そろそろ各ご家庭のお手元に届くことと思います。
毎日暑い日が続きますが、元気に夏休みを過ごしてください。

今年の夏も実施します♬「えがお子ども応援プロジェクト」(2023/6/1更新)

Pocket

(6/1)さきほど「えがお夏の子ども応援プロジェクト2023」お申込み受付スタートしました。
募集要項をよくお読みの上、お申込みください。
   お申込みフォーム  https://www.fb8egao.com/kodomo-form/  

     
***********
5月もあと少し、日中は少し汗ばみ半袖で過ごす日が増えてきましたね。

さて恒例となりました「えがお子ども応援プロジェクト」、この夏も実施します。
八王子市内にお住まいの「お子さんがいて応援が必要なご家庭」に宅配便で食品をお送りします。
募集は6月1日(木)から6月8日(木)の1週間です。
*食品をお送りする時期に、市内の他のフードバンクや子ども食堂からの食品配布を受ける場合は、応募をご遠慮ください。
申込みは6月1日からですので、もうしばらくお待ちください。

2023えがお夏の子ども応援プロジェクトチラシ

「えがお夏の子ども応援プロジェクト2023」チラシpdf

 

東都生協のみなさまより

Pocket

報告が遅くなりましたが、東都生協八王子センターでは、4月10日から21日までの期間、組合員の皆さまに呼びかけて、宅配時に寄贈食品をお預かりするフードドライブを実施してくださいました。
 東都生協組合員の方々から、ご覧のとおりたくさんの食品を寄贈していただき、重量にして約205Kgにもなりました。お米や缶詰、麺類、レトルト食品、お菓子など、さまざまな食品が集まりました。心より感謝申し上げます。ここのところの物価高騰で、どなたも日々の暮らしが大変になっておられることと思います。そんな状況のなか、フードバンクにご支援ご協力いただき、まことにありがとうございます。
 
   

 えがお通信21号 発行しました♪

Pocket

えがお通信21号、発行しました。
 
このホームページの「えがお通信&資料」のところに置いてあります。
 今やネット上に掲載すればOKの時代になりましたが、それでもインターネットにあえて繋がない方や、ネット環境のない方などもおられます。紙媒体では情報全部を載せることは無理ですが、えがおの活動の様子の一部でもお届けできたらと、年に3回程度になりますが、会員のみなさまや協力団体にお配りし、市民センターなどに置かせてもらっています。
 フードパントリーをスタートさせてからは、えがお通信にパントリーの場所と連絡先を必ず載せるようにしています。通信の情報からパントリーを利用された方も出てきています。また今回は子ども食堂・無料塾・子どもの居場所・フードバンクが集まった「はちおうじミライ応援団」についても触れています。
 いつも「〇〇様から寄贈されました」「食品を寄付してください」「ご寄付をお願いします」ばかり、と言われてしまいますが、それだけでなく、困っている方々に役立つ情報も発信していきたいと思います。

コープみらい城山手店に「えがおボックス」♬

Pocket

「えがおボックス」を設置してくださる店舗がまた増えました!!! 
コープみらい城山手店に「えがおボックス」を設置していただけることになり、2月7日(火)にオープンセレモニーがひらかれました。
   

これで八王子市内のコープみらいの3店舗のうち、高倉店・城山手店の2店舗にえがおボックスが設置されることとなりました。
 ご利用のお客様、店舗のスタッフのみなさま、ご協力まことにありがとうございます。コープみらい東京様には、今年度は定期的にお米もご提供いただいております。深く感謝申し上げます。

 えがおでは、賞味期限まで2カ月以上あること、常温保存できて、未開封の食品で、おすそ分けしていただける食品を募集しています。即席めん、ふりかけ、佃煮、缶詰、レトルトカレー、お菓子など大歓迎です。

【お引き受けできないもの】
 飲料水、サプリメント、アルコール類、防災用アルファ米のうち炊き出し用のものなどはお引き受けしていません。またお米の場合は、精米してから半年以上経過しているものはお断りする場合があります。特に夏の時期に高温の場所で保管してあった場合は、お引き受けできません。
 大量の防災用非常食の場合は、賞味期限まで6ヶ月程度以上あるものにしていただけると、大変ありがたいです。また事前にお問合せいただけると助かります。

『困りごと相談会2023@八王子』2月11,12日に開催!!

Pocket

2月11日(土)12日(日)の2日間、旧八王子労政会館で『困りごと相談会2023@八王子』が開かれます。生活や仕事、病気、福祉のことなどなど、悩んでいること、困っていることがありましたらどうぞお越しください。まわりにお困りの方がいらしたら、この情報をお知らせください。費用はかかりません。市外の方でもOKです。
詳しくはチラシをご確認ください。
食品や日用品などの配布もあります。えがおも協力しています。荷物を持ち帰るバッグなどご持参ください。

チラシPDF

奨学金に関するサイトについて

Pocket

昨日は「成人の日」でしたね。
成人おめでとうございます。
成人年齢は18歳に引き下げられましたが、八王子市では「二十歳を祝う会」がJ:COMホール八王子でおこなわれました。
 さて12月に実施した「えがお冬の子ども応援プロジェクト2022」のアンケートの回答が戻ってきています。ここのところの物価高で、生活が厳しくなっている状況が回答からわかります。
アンケートのなかで多いのが「奨学金」「無料または安価で受講できる塾」についての情報が知りたい、というものです。
 奨学金については、このHPのリンク欄に「奨学金Net」「CronoMy奨学金」「ガクシー」を載せています。なかでも「ガクシー」のサイトは、自分の調べたい条件を入力して検索できるので大変使いやすいと思います。給付型奨学金、貸与型奨学金、所得制限のないもの、成績制限のないもの、就学支援制度との併用可能なもの、他の奨学金との重複併用可能なもの、授業料減免などなど、いろいろな条件で検索することができます。
 最近は奨学金返還が厳しくなっている人々を応援しようと「奨学金返還補助制度」を導入している自治体も出てきていて、その情報も掲載されています。
 奨学金も大学生向けだけでなく、専門学校や高校生、中学生を対象にした奨学金もあります。
このような幅広い奨学金を有している財団として「公益財団法人似鳥国際奨学財団」があります。漢字だとわかりにくいかもしれませんが、「おねだん以上〇〇〇」のキャッチフレーズでおなじみの企業に関連する財団です。
 どの奨学金も申込み時期が限られていますので、早めに情報をチェックして必要な書類などについて知っておくことが大切です。
 
 無料の塾に関しては、リンク欄に「八王子つばめ塾」を載せています。
先月八王子市内の子ども食堂、子どもの居場所、無料塾、フードバンクなどが参加するネットワーク「はちおうじミライ応援団」のサイトができました。このサイトの参加団体からもさがすことができます。(リンク欄に掲載しました)
 また昨年もご紹介しましたが、「チャンス・フォー・チルドレン」が、経済的困難を抱える家庭の子どもたちへ学校外の教育機関で利用できる「スタディクーポン」を提供しています(年額15万~30万円分)。 昨年は「えがお子ども応援プロジェクト」のアンケートのなかに「スタディクーポンを利用して、夏期講習を受けました」という回答をいただき、ご紹介してほんとうに良かったと思いました。このスタディクーポンは、学習だけでなく習い事にも使えます。
 これからも奨学金などの情報が入れば、紹介していきたいと思いますので、時々HPをチェックしてみてくださいね。

11/5(土)6(日)、川口やまゆり館まつりで

フードドライブ実施♪ご協力ありがとうございました

Pocket

11月5日、6日の2日間、川口やまゆり館まつりが開催されました。
お天気にも恵まれ、いろいろな展示や、音楽、踊りなどの発表、食べ物や飲み物のお店あり、はしご消防車体験やバーチャル震災体験など、大盛況♪でした。 
 この会場で、みなさまからおすそわけできる食品を提供していただくフードドライブを実施させていただきました♪大勢の方から食品、ご寄付をいただき、2日間で100Kg以上もの食品をいただきました。フードドライブ実施の機会を設けてくださった川口やまゆり住民協議会のみなさま、食品を寄贈してくださった地区にお住いのみなさま、まことにありがとうございました。
 

  


   

 

 

「えがお冬の子ども応援プロジェクト2022」

募集を締め切らせていただきます

Pocket

「えがお冬の子ども応援プロジェクト2022」
予定数に達しましたので、少し早いですが募集を締め切ります。
 ご応募いただいたみなさまには、11月20日までに選考結果をお知らせします。
なお、お申込み時に自動返信メールが届いていない場合、メール受信拒否になっているか、メールアドレスが正しく入力されていない可能性があります。お心当たりの方は、fb8smile2@gmail.com までご連絡ください。

【予告】11/1より「えがお冬の子ども応援プロジェクト2022」募集開始します。

Pocket

「えがお冬の子ども応援プロジェクト2022」、11月1日に募集開始します。
わたしたちの予算や作業能力、作業スペースなどを検討して、今回は予定数を150とさせていただきました。
 また応募多数の場合は最終日前に締め切ることがあります。
 なるべく多くの方に食品をお渡しできるようにしたいので、同時期(12月)に子ども食堂で食品の配布を受ける予定の方は対象外とさせていただきますが、子ども食堂の食事やお弁当だけを利用している方は、応募可能です。今回は、この点を厳密にさせていただきます。
 募集開始日前に申込みQRコードを開いても、申し込みはできません。11月1日まで、もう少しお待ちください。(チラシをクリックするとPDFが開きます)

 

ご協力ありがとうございました♡JR八王子駅でのフードドライブ

Pocket

 先日お知らせしました10月22,23日のJR八王子駅「つながルーム」でのフードドライブ、多くのみなさまにご協力いただきました。八王子のリサイクルマスコットキャラクター「くるり」くんも登場してPRしてくれました。
     
 
集まった食品は、段ボールで12箱、全部で100Kg以上にもなりました。
 これらの食品は、JR東日本様よりフードバンク八王子とフードバンク八王子えがおに半分ずつ寄贈いただきました。食品を提供してくださったみなさま、JR職員のみなさま、まことにありがとうございました。生活にお困りの方や、施設、子ども食堂にお渡しいたします。
 フードドライブは終了しましたが、「つながルーム」でのパネル展示は30日まで実施しています。お気軽にお立ち寄りください。

 東都生協フードドライブ、たくさんの食品をありがとうございました♬

Pocket

東都生協では、10月3日から14日までの期間、組合員の皆さまに呼びかけて、宅配時に寄贈食品をお預かりするフードドライブを実施してくださいました。
 97名の東都生協組合員の方々から、ご覧のとおりたくさんの食品を寄贈していただき、重量にして約152Kgにもなりました。まことにありがとうございました。お米や缶詰、麺類、レトルト食品、お菓子など、さまざまな食品が集まりました。心より感謝申し上げます。
 
 コロナ禍になった2019年後半以降、えがおに食品支援を申し込まれる方が増大しています。
昨年8月よりスタートしたフードパントリーの利用者も、昨年よりずっと増えています。フードパントリーを始めた当初は、パントリーの場所1ヶ所の利用が月に5件程度という見込みでしたが、最近では利用の多いときは1ヶ所で月に20件ほどになることもあります。出口の見えない苦しい生活状態が続いている証かもしれません。
 みなさまからのご寄付がほんとうに支えになっています。しかし、フードバンクの支援は一時的、補足的なもの、もっと根本的な解決に結びつく公的支援こそが望まれるところです。