あすのば入学・新生活応援給付金の

募集が始まっています

Pocket

2021年度あすのば入学・新生活応援給付金

朝晩すっかり冷え込んで、寒い季節の到来となりましたね。
「えがお冬の子ども応援プロジェクト2021」に申しこまれたみなさまには、決定のお知らせをメールでお送りしました。
12月17日と19日の2日で発送の予定です。
それまでお待ちください。

さて今年もあすのば入学・新生活応援給付金の募集が始まっています。
(募集期間11/22~12/17)

申込みできる人は、
ア)住民税の所得割が非課税世帯の子ども
イ)今年(2021年)に入って家計が急変するなど、住民税非課税相当となった世帯の子ども
ウ)生活保護を受けている世帯の子ども
エ)児童養護施設・里親などのもとで生活していて、2022年4月までに措置解除を予定している子ども

以上ア~エの人(いずれか1つ該当)で、下記1~4のいずれかに当てはまる人が申し込めます。なお、学年はいずれも申し込み時点のものとします。
①保育園・幼稚園の年長クラスの人(小学入学生)
②小学6年生(中学入学生)
③中学3年生(中学卒業生)
④高校・高等専門学校の3年生など、来年の春卒業予定者、または1997年4月2日以降に生まれた人で、来年春に大学(短大含む)、専門学校などに進学を予定している人(高校卒業生等)※6,7
※6 現在高校3年生、高専3年生の方は、就職・進学など進路を問わず申し込めます。

○給付金の金額と募集人数
①小学校入学生=30,000円・210人募集
②中学校入学生=30,000円・340人募集
③中学校卒業生=40,000円・470人募集
④高校卒業生等=50,000円・580人募集
合計1,600人*8

詳しくは「あすのば」のサイトをご覧ください。

さまざまな奨学金については、「奨学金NET」
に詳しく出ていますので、参考にしてください。
またcronomy奨学金 ⇐クリック
という奨学金の情報収集と申請をサポートしてくれるサイトもあります。
こちらは、LINE登録して、無料で利用できます。

「自分の家は貧しくて進学できないのではないか」「子どもを進学させてあげたいけれど経済的に不安」など心配の方も多いことと思います。いろいろな給付型奨学金がありますので、情報をいっぱい収集して、学びの希望を夢を実現してほしいと思います。
今後も奨学金などの情報が入ったら、お知らせしたいと思います。
えがおのHPを、ぜひブックマークしておいてくださいね。

2019年度あすのば入学・新生活応援給付金の申込み11月25日から受付始まります

Pocket


公益財団法人『あすのば』が2015年度から実施している「あすのば入学・新生活応援給付金」の申込み要項が公開されています。この事業は「あなたのことを想っている人々が『ここにいるよ。』」という多くの方々のメッセージとともに給付金をお届けする事業です。
申し込みできる方には一定の要件(住民税非課税世帯・生活保護・児童養護施設・里親のもとからの措置解除予定など)があります。2020年3月および4月に、小学校入学・中学校入学・中学校卒業・高等学校卒業の方対象です。

詳しい要項などは 2019年度 あすのば入学・新生活応援給付金
のページでご確認ください。
申し込み期間は11月25日から12月16日までです。

また進学したいけれど経済的に厳しい状況にある方に 「奨学金.Net」
というサイトがおすすめです。返さなくてもよい給付型奨学金や独自の奨学制度のある大学一覧など、奨学金に関する情報がたくさん載っています。ぜひ参考になさってください。

 

奨学金情報まとめサイトのご紹介 ー 進学を考えているあなたへ、保護者の方へ

Pocket


 経済的に困窮しているけれど、もっと学びたい、進学したい、そんなとき経済的な支えになるのが「奨学金」でしょう。
 家庭の経済状況が子どもにも切実にわかりますから、なかなか進学したいと言い出せない、保護者の方は大学に行かせてあげたいけれど、じゅうぶんな経済援助ができない、お互いに悩むことが多いことと思います。
 以前の「日本育英会(現「日本学生支援機構」)」の奨学金は貸与型で、卒業後に返還する、教育ローンの性格を持った奨学金しかありませんでしたが、平成29年度より給付型奨学金が創設されることとなりました。これには家計要件があり、

 ア.住民税非課税世帯(家計支持者の市区町村民税所得割額が0円の人)
 イ.生活保護世帯の人
 ウ.社会的養護を必要とする人(※)
   ※18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設(平成29年4月~「児童心理治療施設」に改称)、自立援助ホームに入所していた 人、又は、18歳時点で里親、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)委託者のもとで養育されていた人

上記のとおりとなっています。家計要件が厳密ではありますが、給付型が創設されたことは喜ばしいことです。

 貸与型の奨学金は、社会に出る前に大きな借金を抱えることになります。働く状況も、正規社員の比率が減り、非正規雇用が増えている現在では、返済が確実にできるかどうか不安定要素の多い状況ですから、できることなら給付型の奨学金を受けたいものです。
 給付型の奨学金は、大学独自、公的機関、民間団体など様々なものがあります。そのひとつひとつをご紹介しようと思いましたが、これら奨学金について詳しくまとめたサイトがありますので、そちらをご紹介させていただきます。

   

   

⇐クリック

 

上記のサイト「奨学金.Net」は、給付型奨学金の情報だけでなく、奨学金に関するありとあらゆる情報が網羅されています。申請書の書き方から、日本学生支援機構への返還が難しくなった時の対処の仕方まで掲載されていますので、これから奨学金を受けたいと思っている方だけでなく、現在返還中の方々にも役立つ情報が満載です。きっとお役に立つと思います。どうぞご利用ください。
    (「奨学金.Net」様に掲載の許可を戴いています。)

コープみらい財団の奨学金事業

Pocket


 

  桜がだいぶほころんできましたね。少し暖かくなると一気に満開でしょうか。
この季節、入学や就職と新しい生活をスタートされる方も多いことでしょう。
 フードドライブを開催して、たくさんの食品を寄贈してくださるコープみらいの地域クラブ「えがおのおすそわけ」組合員さんの活動を通して、コープみらい生協様には大変お世話になっています。いつもありがとうございます。

 そのコープみらいの組合員さんのご家庭で、ひとり親家庭(ご両親がいないご家庭も含む)の高校生のうち、この春高校に入学するお子さんが対象の返済不要の奨学金があります。申込み方法や締め切りなど、詳細は下記のリンクでご確認ください。

   2018年度「コープみらい奨学生」募集