収入が減って家賃が払えないかも… 住居確保給付金のご案内

Pocket

今回のコロナ禍で、お困りの方も多いことと思います。
「住居確保給付金」は

離職・廃業または離職・廃業と同程度まで減収し、
住居を失う恐れのある方に対して、収入・資産等の一定の条件のもと、
賃貸住宅の家賃相当額(上限あり)を原則3か月間貸主に市が直接支給する制度です。
八王子市HPのページ
このページに自分が対象となるかどうかを確認するチェックリストもあります。
事前に(生活自立支援課 042-620-7408 月~金(祝日除く)9:00~16:00)お電話ください。
5月25日からは郵送でのお申し込みが可能になりました。

緊急事態宣言が解除されても、まだまだ困難な状況が続きます。
困ったときは公的制度を使って、生活の立て直しをはかりましょう。

新型コロナ 特例貸付について 【郵送申請】

Pocket

自粛要請期間が5月末まで延長となりましたね。
収束にはまだ時間がかかりそうです。

 自粛要請はあれど、特別定額給付金(仮称)はいまだ手元に届かず、収入が減ったり、途絶えたりしている世帯も多くなっていることと思います。それに伴い、フードバンクへのお問い合わせも急増しています。ですが、フードバンクからの支援もあくまで限定的、一時的なものでしかありません。
 ほんとうに困ったときは、「緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付」
をぜひ検討してください。
八王子市の連絡先は 〈生活支援相談担当(特例貸付専用)  電話 042-620-7496〉

 「緊急小口資金の特例貸付」の申請書類は東京都社会福祉協議会ホームページよりダウンロードすることも可能です。
また、労働金庫でも申請書類の請求ができます。

労働金庫連合会  電話 0120-22-5755
受付9:00~17:00(平日のみ)

※今回の特例措置では新たに、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯については、返済を免除することができるとしています。

チラシPDF
緊急小口資金【特例貸付】  総合支援資金 生活支援費【特例貸付】

 

  

「はちおうじっ子のコロナに負けるな!応援プロジェクト」5/8(金)23:59締め切りです!!!

Pocket

【再掲】
 このたび、八王子市内の子ども食堂、フードバンク、無料塾、子どもの居場所などの団体で構成する『八王子食堂ネットワーク』で「はちおうじっ子のコロナに負けるな!応援プロジェクト」を立ち上げました。フードバンク八王子えがおも、ネットワークのメンバーとして協同します。

このプロジェクトでは、お子さんのいるご家庭に食品をお届けします!

八王子市内の中学生以下のお子さんのいるご家庭(ただし、児童扶養手当または就学援助を受給しているご家庭を優先させていただきます。なお、生活保護世帯は対象外となります)
お申込み期間:2020年5月1日(金)〜5月8日(金)23時59分まで

募集が始まっています。募集期間が短いのでお見逃しなく!!!
またネット環境のないご家庭で、お困りの方がいらしたら、代理での申込みなどお手伝いしていただけると助かります。

「住居確保給付金」の支給要件が緩和されました!

Pocket

 4月23日に掲載したブログ「厚生労働省 生活を支えるための支援のご案内」でご紹介した「住居確保給付金」ですが、20日に、「離職・廃業後2年以内の者」だけでなく「給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職や廃業と同程度の状況にある者」も支給対象になりました。すなわち「就業していても個人の責でなく給与等が減少している」方も申し込めることになりました。

 さらに、30日に「ハローワークへの求職申込みが不要」となりました。
支給対象についての変更が反映されたパンフレット
を参照してください。
八王子市の住居確保給付金の窓口は、市役所生活自立支援課です。
収入がなくなり、家賃の支払いにお困りの方、この制度の利用も考えてみてください。

「はちおうじっ子のコロナに負けるな!応援プロジェクト」八王子食堂ネットワーク

Pocket

 この新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、仕事を失ったり、減ってしまったり、お子さんの休校に伴って休まざるをえなかったり、収入が激減して困っているご家庭が増えていると聞きます。

このたび、八王子市内の子ども食堂、フードバンク、無料塾、子どもの居場所などの団体で構成する『八王子食堂ネットワーク』で「はちおうじっ子のコロナに負けるな!応援プロジェクト」を立ち上げることになりました。フードバンク八王子えがおも、ネットワークのメンバーとして協同します。

このプロジェクトでは、お子さんのいるご家庭に食品をお届けします!

  • 八王子市内の中学生以下のお子さんのいるご家庭(ただし、児童扶養手当または就学援助を受給しているご家庭を優先させていただきます。なお、生活保護世帯は対象外となります)
  • お申込み期間:2020年5月1日(金)〜5月8日(金)23時59分まで

    申込みフォームは5月1日に公開されます。(上記のリンク先)

    ご応募は5月1日からとなります。いましばらくお待ちください。

配偶者のDVから避難されている方へー特別定額給付金(仮称)を受け取るために-

Pocket

 政府により、国民一人10万円(特別定額給付金・仮称)を給付することが決定されました。
受給権者が世帯主となっているため、配偶者からの暴力を理由に避難している方々が受け取れないのではないか?と心配されていました。
 そのような事情の方々も受け取れるよう、申請の手続きについて発表されました。
 申請期間は、4月24日(金)~30日(木)ですが、30日を過ぎても申請することはできます。

 八王子市の場合、詳しくは下記リンクをご覧ください。

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

チラシPDF 

  

厚生労働省「生活を支えるための支援のご案内」

Pocket

  新型コロナウイルスの感染拡大と、感染防止に向けての緊急事態宣言により、さまざまな困難に直面しておられる方も多いかと思います。
 このたび、厚生労働省が「生活を支えるための支援の
ご案内」をリーフレットとしてとりまとめ、ホームページで公表しました。 

 コロナ感染により仕事を休むとき、休校等で子どもの世話のために仕事を休むとき、お金に困ったときに利用できる制度などを紹介しています。また税の猶予や電気ガス料金の猶予等についても紹介されています。
 お困りの皆さま、このリーフレットを参考にして、利用できる制度を活用していきましょう。
mhlw.go.jp/content/109000

※追記
  「住居確保給付金」について、支援対象者が拡大されました。
 また八王子市での申請は、これまでの社会福祉協議会から市の「福祉課生活自立支援課」に窓口が変更になりました。
   詳しくは『住居確保給付金のご案内』
             を参照ください。

 

新型コロナウィルス感染症の影響でお困りの方へ

Pocket


新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付の実施について

 八王子市社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響により生活資金にお困りの方に対して、緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を  3月25日(水曜日)より実施します。

 コロナウィルス感染予防のために、外出の自粛、イベントの中止などいろいろなところに影響が出てきています。そこで生活資金にお困りの方への特例貸付が3月25日より実施されます。
 
 詳細はこちら

 離職や休業でお困りの方は検討の価値ありです。