「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」

2022年度の奨学生募集中(4/27必着)

Pocket

「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」は、子どもたちが経済的な問題で夢をあきらめなくて済むようにと、ローソングループ創設の「夢を応援基金」によって実施されているひとり親家庭支援奨学金制度です。
月額3万円、返済不要の新高校生、高校在学生向けの奨学金で、保護者の方が全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)加盟団体の会員、または入会を希望する方の子であることが必要です。
その他にもいくつかの要件がありますので、詳しくは「全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)」のサイトをご覧ください。申請書等、必要書類のダウンロードもそのサイトから可能です。右サイドバーのリンク集にある「ひとり親Tokyo」でも確認できます。
 ローソン様は、食品のご寄贈、社員の皆さまが実施されるフードドライブなど、フードバンク活動にも多大なご協力をいただいています。
このような奨学金制度は、経済的に大変なひとり親家庭にとって大変こころづよいですね。


 

12月になりました♡

Pocket


 2021年、今年も残すところあと1ヶ月となりました。
寒くなってきましたね。
3日(金)は、朝一番にローソン銀行さまからの宅配便到着、その後ローソン本社さまより直接品物を届けてくださいました。これらは、社員のみなさまに呼びかけてフードドライブを実施し、集まった品物です。食品と洗剤や生理用品、文具類などの日用品等々、コンテナボックスに6個以上もありました。ローソン銀行、ローソン本社のみなさま、まことにありがとうございました。
(株)ローソン様には、全国フードバンク推進協議会を通じて、お米やカップ麺をはじめ、さまざまな食品、雑貨類をいただいており、フードバンクの活動を支えていただいています。ほんとうにありがとうございます。
その上、今回は社員のみなさまが提供してくださった品物をたくさんお持ちくださり、心より感謝申し上げます。
たくさんの品物に囲まれた事務所内、さらにさらに「Amazonえがお希望食品リスト」からのギフトや、毎週のように送ってくださる相模原市N様からの宅配便が届きました。いつもいつもありがとうございます。

午後からは、多摩養育園の養護老人ホーム「楢の里」から、たくさんの食品をお持ちいただきました。
これらは「福祉まつり」で食品の提供を呼びかけて集めてくださった品物です。

スパゲッティやパスタソース、お醤油、お菓子、ジュースなどなどたくさんいただきました。皆さまのお気持ちを大切に、必要な方にお届けいたします。まことにありがとうございました。
えがおで扱う食品の中には「余ったもの、捨てられるはずだったもの」もありますが、大半は、困っている人になにが必要だろう?と想像して送ってくださる、持参してくださるものです。そのような思いに支えられ活動を続けることができています。