今日も寄贈食品が届きました

Pocket

先日、支援世帯への食品発送を終えて、事務所もほっとひと息、そして食品棚は空っぽに近い状態です。と思ったら宅急便が1つ、また1つと届きました。
 まずは田園調布の「かふぇばる美乃里」様から、店内設置のえがおボックスに集まった寄贈食品が届きました。お店のお客様&スタッフのみなさま、いつもいつもありがとうございます。
  

 その直後に届いた荷物は、AMAZON「えがお希望食品リスト」をご覧になって送ってくださった、レトルト惣菜。これなら電気やガスが止まっている緊急時にも利用できます。
 今回のギフトは、ご住所やお名前の記載がなく匿名での寄贈でした。ご住所がわかれば、お礼の手紙などをお送りしているのですが、匿名の場合はそれができません。これまでにも何度も、匿名の方々からプレゼントをいただいています。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 
 いつもえがおの活動を応援してくださる皆さま、このコロナ禍で自由な行き来もままなりませんが、落ち着いた生活に戻ることができたら、どうぞえがおの事務所にもお越しください。お待ちしております。
 まずは、コロナウイルスの拡大がおさまることが肝心、マスク、手洗いをこころがけ、体調に気をつけてお過ごしください。

多くの皆さまから食品を寄贈していただきました

Pocket


  今週もたくさんの方々から、応援していただきました。
 お煎餅の富士見堂様、出店しているデパートなどが休業していて大変な状況の中にあるにもかかわらず、えがおにお煎餅をたくさん送ってくださいました。
 市内からは「間違って多く注文したから」と人参を、また市内、市外から缶詰やレトルト品を送ってくださったり、持ってきてくださったり、画像を撮り損ねたものもあります。えがおボックス設置の「かふぇばる美乃里」「地球の木」「いきいき福祉会」からも、皆さまほんとうにありがとうございました。
 またかなり前ですが、えがおも「Amazonほしいものリスト(えがお希望食品リスト)」を作成し、一度だけこのホームページでもご紹介しました。が、そのときは反応なく、ほしいものリストからの食品寄贈というのは一度もありませんでした。
正直がっかりもしていました。
今月の20日に「じつはひっそりとほしいものリストを公開しています」と、FacebookとTwitterで公表してみました。告知してはみたものの、あまり期待してはいなかったのですが。
 すると!!!!!
えがおに食品を購入してくださった方があり、それも一つや二つでなく大量に!!!その第一弾が届きました。その後メールをいただき「外資系の企業に勤務しており、この状況のなかコミュニティに役立つようにと、企業から各社員に配られたお金を使って購入したものなので、企業からの寄付と受けとめてください」とのことでした。いろいろな活動をしている団体があるなかで、えがおに託してくださったこと、心より感謝申し上げます。その後、いろいろな方からAmazonの「ほしいものリスト」からのご寄付をいただいています。ありがとうございます。フードドライブができないので、このようなご支援は大変助かります。 
 この新型コロナの感染拡大とその防止のための緊急事態対応で、困っておられる方も多いことと思います。フードバンクの支援は、あくまで一時的、副次的なもので、根本的な解決にはなりません。いちばん必要なのは、安定した生活が営めるよう、収入、仕事が確保できること、コロナ対策での外出自粛、休業が安心してできる補償がなされることでしょう。特別定額給付金(仮称)がはやく広く配られるよう、そして少しでもほっと一息つけるよう願っています。

厳しい状況のなか、食品のご寄付ありがとうございました

Pocket


 新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、外出の自粛や休校、指定業種の休業の要請と、今までに経験したことのない状況となりました。4月から6月に予定していたフードドライブも軒並み中止となりました。これからどうやって食品を確保していけばよいのか、頭を抱える日々です。さらに、ここのところの休業、失業などで、SOSの声も徐々に増えてきているところです。
 しかしこのような状況でも、たくさんの方々から食品を寄贈していただきました。生協パルシステム東京八王子センター様からは野菜を、わの農園様からは卵、かふぇばる「美乃里」様からは宅配便で、そして市内のおおぜいの方々から、お米をはじめ、種々の食品を寄付していただきました。またここには掲載できませんでしたが、「地球の木」に設置したえがおボックスに集まった食品も回収させていただき、数々の食品と粉ミルクをいただきました。粉ミルクの大部分は市内の母子施設にお届けしました。
 市内にお住まいで、持込みが難しい場合はメールかまたは事務所開所時間内にお電話ください。スタッフの都合があえば、引き取りに伺うことも可能です。外出の自粛が要請されている折でもあります。ご無理のないようお願いいたします。
 宅配での寄贈も受け付けております。その際大変申し訳ありませんが、送料のご負担をお願いします。
 会社や学校の備蓄非常食で、賞味期限まで3か月以上あるアルファ米(個食単位に限ります)やクッキーなどございましたら、フードバンクへのご寄付をご検討いただけますと大変ありがたいです。なお炊き出し用大人数のアルファ米や飲料水は現在受け入れしていません。詳細につきましてはメール、HPの問い合わせフォームにてご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 

3月9日は「サンキューの日」だそうです

Pocket


 コロナ感染予防で、休校や公共施設の利用中止、コンサートやイベント中止が続いていますね。八王子市内の子ども食堂、だれでも食堂も食堂開催中止するところが多いですが、食堂によっては参加者を限定しての開催や、食品配布をおこなっているところもありますので、状況を知りたい場合は、各食堂連絡先にお問い合わせくださいね。加盟する子ども食堂が載っているサイトはこちら⇒「八王子食堂ネットワーク」
四月になって入学式、始業式が始まるころには、事態が収束に向かっていることを祈ります。
 さて3月9日は「サンキューの日」だそうです。いろんなことに感謝する日ということでしょうか。
 フードバンク八王子えがおにとっては、1年365日が「サンキューの日」です。いつも多くの方々に食品を寄贈していただき、ボランティアに来ていただき、毎日毎日が感謝の日です。
 えがおが設立して以来、毎年宅配便で食品を送ってきてくださる方、ボランティアにきてくださる方々、折にふれご寄付をくださる方、会員としてサポートしてくださる方、フードドライブのたびに食品を持ってきてくださる方、多くの方々に支えられて活動を続けることができています。ほんとうにありがとうございます。ただただ感謝しかありません。
先日も「かふぇばる美乃里」から、えがおボックスに集まった食品が送られてきました。お米やお菓子、ジャムなどありがたい品々、大切に使わせていただきます。
 えがおボックスを置かせていただいている団体の皆さまにも、心より感謝申し上げます。
 えがおボックスを置いてくださる団体やグループ募集中です。えがおボックスの貸し出しもしています。どうぞお気軽にご連絡ください。
 

 

あの街にも「えがおボックス」が!

Pocket


えがおでは、協力してくださるさまざまな企業・団体様に「えがおボックス(寄贈食品を入れていただく箱)」を置かせていただいています。2020年1月現在、市内に9ヶ所となりました。集まった寄贈食品は、えがおスタッフがおおむね月に一度回収に伺っています。

この度、市外に「えがおボックス」が進出することになりました。大田区田園調布駅近くの『かふぇばる美乃里』様が「えがおボックス」を置いてくださることになりました。

お店は東急東横線田園調布駅より徒歩6分の『かふぇばる美乃里』、安全でおいしい食材に精通したスタッフやマクロビオティックに造詣の深いスタッフがいて、以前から子どもの貧困問題に微力ながら取り組むえがおの活動に対して心を寄せてくださっていました。ご協力に心より感謝いたします。
 八王子からは少し距離がありますが、皆さまお近くにお越しの際は、ぜひお店をご利用ください。
  

えがおのホームページの「マイ・フードドライブ・ボックス設置」のコーナーにバナーをアップしてありますのでご覧ください。